避妊の方法

セックスをする時に、妊娠を望まないのであれば避妊をすると思います。(しない方はしてください)
最初に思いつく方法は大体コンドームだと思います。
コンドームはセックスする時には大事なもので、性病予防にもなります。
妊娠を望まない場合は必ず着用するようにしましょう。
たまに、コンドームだと感じないから射精するときだけつけるというかたがいらっしゃると思いますが、それは大きな間違いでつけている意味すらないので注意しましょう。
その避妊具の代表的なコンドームですが以外にも妊娠率が高いのをご存知でしょうか?
25%の割合でコンドームをしても妊娠してしまったという方が多くなっています。
装着しても実はやぶれていた、射精して抜いた瞬間に脱落してしまったなど失敗してしまうことが多いです。
失敗してしまった場合、緊急時用にアフターピルというものがあります。
これは性行為後72時間以内に服用すれば、妊娠を防いでくれるというものです。
24時間以内ですと、95%、72時間でも75%の確率で妊娠を防いでくれます。
では、毎回アフターピルを服用すればいいのでは?と思いかもしれませんが、このピルは女性の体に大変負担をかけるものです。
ホルモンほ急激に変化させますので、毎回服用できるものではありません。
そして値段も保険適用外ですので非常に高いものです。
本当に緊急時のみ服用するようにしましょう。
一番お勧めの避妊の方法ですが、女性が毎日服用する低用量ピルです。
これは99%の確率で妊娠を防いでくれるものです。
そして妊娠を防いでくれるだけではなく、服用する事で、女性ホルモンを整えてくれます。
生理痛がひどかった方が軽くなったり、肌の調子が良くなったりと、いいことづくめです。
副作用も少ないとされてますので、こちらはかなりお勧めです。
ただ、一回でも服用を忘れると、リセットさせて1からの服用となってしまいます。
そのリセットさせてる期間は違う妊娠予防策を考えなくてはいけないので、性行為事態を避けましょう。
望んでいない妊娠ほど悲しいものはありません。
女性への負担が増えるだけですので、必ず予防するようにしましょう。
どうしても妊娠を望まないのであれば、コンドームを着用し、低用量ピルの服用を続けることが最良策です。