コンドームだけではない!!避妊方法

妊娠を望まないんであれば、もちろん性行為をする場合避妊すると思われますが、色々な方法があるのをご存知でしょうか?
最初に思い浮かぶのはコンドームだと思われます。
コンドームですが、中学校などの保健体育などでも勉強するように一般的な予防方法となります。
全体的にゴム状のもので、男性側の性器に装着するしようとなっています。
ただ、装着するときや、使用中など薄すぎるからこそ、やぶれてしまっという事経験したことある方は多いと思われます。
私も高校生の時コンドームを使用しやぶれてしまった苦い経験をした事があります。
もちろん、性病予防などでコンドームは常に使用するべきものなのですが、コンドームだけですとやはり妊娠を100%予防できるかと言ったら、20%の確率で失敗するとの事なので他のものと併用して使用するのが一番だと思われます。
一番確率が高いものは、避妊手術となってます女性側の膣の中を手術し、精子や卵子を通ることを防ぎます。
ただし、こちらはいったん手術してしまいますと元に戻すことは不可能に近いので絶対もう妊娠したくないという人向けとなってます。
そしてそれに次ぎ予防率が高いのは、ピルとなってます。ピルも種類がたくさんあり、お勧めなのは低用量ピルとなってます。
低用量ピルですが、毎日同じ時間に服用するものですが99%の確率で避妊できるとされてます。
妊娠を予防できるだけでは無く、ホルモンバランスを整えてくれますので、生理痛などが軽減されたり、女性特有の疾患の予防となったり、様々なメリットが確認されています。
日本ではあまりメジャーなものではないのですが、欧米では利用率はかなり高いとされています。
特に若い世代では妊娠を望まない方も多いのが現状です、学生だったり、経済的理由や、社会的理由など様々ですが、望まない妊娠ほど悲しいものはありません。
低用量ピルも飲んでない、コンドームも失敗した場合は、アフターピルというものがあります。
こちらは性行為後72時間以内に服用するものなのですが、早ければ早いほど妊娠を予防できます。
24時間以内ですと、99%の確率で、効果を発揮できます。
かなりの効果が期待できますが、毎回行為後に服用すればいいっていうものではありません。
女性の体に負担が大きくかかってしまいますので、緊急時のみ服用することをお勧めします。
妊娠するのを防ぐ方法はたくさんあります。自分にあった予防の仕方で望まない妊娠はなくしましょう。