さまざまな避妊方法について

性行為をする中で避妊方法を誤ってしまうと妊娠してしまう可能性があります。
かけがえのない命ですが、出産をしたくない方は、中絶しなきゃいけなくなります。
そうなることを避けるために、必ず避妊をしましょう。
避妊とは、いくつか種類があります。
自分のライフスタイルに合わせて避妊方法選択すると良いでしょう。
自分の意思でできる方法や、パートナーが行える方法もあります。
その中でも、良く知っているコンドームが1番代表的な避妊方法です。
これは、薄いゴム状のものを、ペニスにかぶせて精液が膣の中に入らないように防いでくれます。
ただしく、装着しないと膣の中に精子が入ってしまう可能性があります。
また破損などにも気をつけてください。
他にもさまざまな種類があり、OC(低用量避妊薬)、IUS(子宮内の避妊システム)、銅付加IUD(子宮内の避妊用具)、リズム法、避妊手術などといった手術が、あります。
OCとは、ピルとも言われ女性が服用する薬の事をいいます。
毎日必ず同じ時間帯に服用し、排卵を抑えてくれる働きがあります。
正しく飲めば避妊の確率があがります。
IUSは、プラスチックの小さな器具を子宮内に入れる方法です。
産婦人科や、婦人科でやってくれるものになります。
一回挿入することで、効果が数年持続します。IUSも似た避妊方法になります。
こちらも挿入することで、数年持続します。
まれに、体内から自然とでてしまう事があるので気をつけてください。
出産経験のある人の避妊法にむいています。
他にはリズム法といって、基礎体温を毎日はかり、排卵日を想定し排卵日前後のセックスを避けるといった避妊方法もあります。
しかし人によって排卵日が体調により変わることがあるので、確実な避妊法ではありません。
また避妊手術をする手段もありますが、もとに戻すのは、難しいので将来子供を産みたい人は、しないでください。
かけがえのない命のためにも、中絶は避けましょう。
さまざまな避妊方法から、自分に合ったものを使い、不安のない性生活をしましょう。